お知らせ

2016-11-15 13:33:00

いくつわかりますか?

失語症の正しい理解のために、こんなテストがあります↓

私は会話パートナー養成講座の時に解きました。

さて、いくつわかりますでしょうか?

 

1.失語症は、精神的なストレスやショックによって生じる

2.失語症は、実物や絵の理解も難しくなる

3.失語症の方は、五十音表を使った意思の表出が有効

4.失語症の方の言い誤りは、必ずその都度指摘したほうがよい

5.失語症の方には、不自然でも一音ごとにはっきり区切って話す方がわかりやすい

6.失語症の方には、大きい声で話した方がわかりやすい

7.失語症の方は、言葉が理解しにくい為、できるだけたくさん説明した方がよい

8.失語症の方が言葉に詰まった時は、先回りして代弁した方がよい

9.失語症の方は、漢字よりも平仮名・片仮名の方が理解しやすい

10.失語症の方の伝えたことがうまく理解できない場合も、分かったように対応するとよい

 

・・・全て×と答えた方がほとんどかと思います。

それが正解なのですが、実際には、3の五十音表につきましては、

症状により理解できる方もいらっしゃるそうです。

その方の得手不得手をしっかり見極めて、意思疎通をはかることが大切、ということですね^ ^